忍者ブログ

Ride On 波でもOK スノボもOK バイクであればなおOK エンジンなくてもOK 乗る物ならば何でもOK
09 2017/101 2 3 4 5 6 78 9 10 11 12 13 1415 16 17 18 19 20 2122 23 24 25 26 27 2829 30 31 11
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[05/30 じゅんぺ]
[04/19 株)中政]
[04/16 じゅんぺ]
[04/15 ニッシー]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 中政]
[02/28 若杉]
[02/28 ニッシー]
[02/28 Z1しゅう]
[01/16 コウタキムラ]
[12/26 じゅんぺメカ局長]

無題

買っちゃいました。。。やっぱヤフオクは早い。。。
いろんな人に相談したら、ノーマルでいけるだろう!!!って事でノーマルのポテンシャルを引き出す為にフルオーバーホールに出します。
真っ直ぐ宮崎行きです。
1ヶ月で仕上げてくれるそうです。(部品待ち含む)
帰ってきたら3000キロほど慣らし運転をします。
調布~中央自動車道~長野道~上信越道~関越道~圏央道と2周廻れば1000キロです。
これを3回繰り返せば準備は終りです。

  • 2009年05月29日金
  • まんま勇人
  • 編集

虎の威を借る狐

今朝思いつきました。
最近身体の調子が悪く、あちらこちらと痛い。
特に左半身が上は肩・肘・小指薬指。中は腰。下は膝までも痛い。。。
嫌いな歯医者で治療中なんてビンビンに左側に力が入っている。
この無駄な力みのせいで左半身が痛いのか?とは数週間前から気付いてはいたが、今朝の気付きは更に進んだものだった。っす。

それがね!なかなか気付かない!今まで当たり前だと思っていた事でした。

小さい頃から爺様や親父などの下で生きてきました。
田舎の村では名士でも大都会に出てくれば無名の田舎人です。
そんな名前は使えません。

そこで美容では日本一のカットマンって先生に教わった訳です。
化粧も日本一って先生に教わった訳・・・・

更には5歳から始めた古武術に加えて教えてもらった空手は当時の世界チャンピオン。(今だにお付き合い継続中)

バイクライディングはなかなか上達せず、色々な方々に教わったけれど最高はワールドGP4位です。

15年前まで烏山のフライパンってお店があって(火事で消失)そこが【横浜ケンタウロス】の世田谷支部だった。
ある日ツーリングに誘われて10台ほどで神戸まで往復する事になったんです。
目的地は神戸の喫茶店。
そこでお茶して帰ってくるだけなんだけれども、東京~神戸往復に5時間台って走り方です。
何てったって『人間には2種類の人間しか存在しない!バイクに跨る者と跨らない者と!!!』ってポリシーですからバイクに跨る者としか付き合わない。。。超特殊な人間達の集まりでした。
高速道路とは言え一般道を250キロ超えで走ってるんですから、ケンタウロスの看板背負って走っていれば誰も近づかないし、100キロ台で走る事は許されません。。。

生き方を教わった坊さんまでも超有名人。。。。

色々な人々にお世話になり、色々と教わってきたし、まるで『どこかのヤクザの組織』のように「○○組の者だ!」と言えば周囲は大人しくしてくれる訳です。

そんな人生でした。
しかし最近気が付いたんです。
それは歯医者でです。
○○組だろうが、ケンタウロスだろうが、世界チャンピオンに教わって弟子であろうが、世界宗教○○教の偉い坊さんの弟子だろうが、痛いものは痛い。。。。

まるで初めて歯医者に行った7歳の頃の少年と何も変わらずに痛い!!!

虎の威を借りれない。。。
自分だけで歯の痛みと戦うか歯医者と勝負するしか無い。。。。

いままで随分と虎の威を借りて生きてきたんだな~!と最近気が付いたんです。
自分独人だったら虫歯で泣いていた7歳の頃と何も変わっていなかったんです。

そんな自分に気が付いていないから、【虎を後に従えて歩いている狐】を見るとムカついていた訳。。。
まるで自分を見てムカついていた訳です。

それが今回の隼Vs日産Zの戦いへと進んでしまいました。
反省反省m(__)m

【虎の威を借る狐物語】
昔々、森を散歩していた狐は虎に捕らえられました。食べられそうになった狐は嘘をつきました。
「私は百獣の王獅子の友人である。もしも疑うならば森を一緒に歩いてみれば解る。」

虎はもしもそれが本当ならば獅子王との対決を覚悟しなくてはなりません。
そこで狐の後を付いて森を歩いてみる事にしました。

森中の獣達が狐を恐れて誰も近づきません。それを見た虎は狐を恐れて逃げてしまいました。
しかし読者の皆様はもう気付いていると思いますが、森中の獣が恐れたのは狐では無く、後から付いて歩いてきた虎の方です。

ド偉い方々を後に従えて歩いていて、「俺は強いんだ~!!!」と吠えている様な人々の事を表しています。
即ちオイラは狐でした。トホホです。今までは猿か豚くらいには思っていたんですが・・・・・

  • 2009年06月01日月
  • まんま勇人
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら