忍者ブログ

Ride On 波でもOK スノボもOK バイクであればなおOK エンジンなくてもOK 乗る物ならば何でもOK
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[05/30 じゅんぺ]
[04/19 株)中政]
[04/16 じゅんぺ]
[04/15 ニッシー]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 中政]
[02/28 若杉]
[02/28 ニッシー]
[02/28 Z1しゅう]
[01/16 コウタキムラ]
[12/26 じゅんぺメカ局長]

無題

そういえば、私たちの仕事でも可愛いがられるのは大切ですね!
技術を仕事を覚えて出来るようになりたいのに親方や先輩方に嫌われると最悪であちらから話しかけてもくれないし反対に興味を引く存在になれれば沢山仕事が回ってきて頼まなくても教えてくれたりします。
もっと大きな社会でも同じなんですね。
でも、可愛いがられる事を自分から意識して行動すると逆効果になったりもするので勝手に興味をもってくれる存在になれればいいんですね。
なんか、話進んでないですね!スイマセン!
赤ん坊の可愛いらしさとは、何なんですかね?
親が、勝手に思う成長していく期待や夢ですか???

  • 2009年02月04日水
  • 倉や 今井
  • 編集

赤ん坊の可愛らしさ

やっぱり第一は無力感オーラいっぱいの素直さではなかろーか。と思います。

水戸黄門と同じかな?!!
判官ビイキって言うんですか?弱いものを助けよう!みたいな!!!強い者は弱い者を助けたい!って感情を既に持っている。けれども弱い者に【素直さ】が無かったりすると「あっ!そう~!お好きにどーぞ!」って事でほったらかされるんではなかろうか?

その点赤ん坊は「腹減った~」「糞して気持ち悪い~」「なんだか落ち着かない~」「寂しい~」とかとかとかいろいろ喋れないのに泣き叫んでも訴えるでしょう。
犬とか猫とかも寂しかったりすると「ワンワン」「ニャーニャー」と尻尾上げたり、振ったりして足にまとわり付いたりするでしょう。

結構自分の感情に素直ですよ。
その点儒学を学んで日本人は「帝国軍人」のごとく、「私は強い。寂しくなんか無い。無人島ででも独人で生きてやる。腹掻っ捌いて死んでやる。・・・・・・・」といろいろと格好良いですよね。

昨日も1台500万の格好良いハーレーダビッドソンが三台も表参道に停車して、「俺たちのバイクを見て誉めろ!羨ましがれ!」って感じで止めてあったではないですか!

誉めると喜び貶せば怒る!
2枚目と付き合うのって結構大変ですよ。
糞・鼻水・涙まみれの赤ん坊や犬猫の方が付き合い易いかもしれません。素直で・・・・
まぁ~彼等は三枚目って事ですかね。格好良くは無いですもんね。でも素直・・・・

お笑い芸人の三枚目とは違いますよ。。
彼等も「誉めれば喜び、貶せば怒ります」

【けなす】って行為もただ『不幸になれ!』と思って貶す訳では無いですよ。
『上手になれ!』とか『幸せになれ!』って意識で貶すんです。
貶さなきゃ上手にはなりません。
だからオイラは教える事が嫌いなんです。
なんで弟子に怒られてまで教えなきゃいけないんだと思ってしまいます。

人間が小さいですからね。
人間が小さい師匠と人間が小さい弟子では1分も持たずに、その関係は崩壊します。
どっちかが大きくないと続けられません。

その点赤ん坊や犬猫は父母や飼い主を信じきっていますから、良い事も悪い事も覚えてしまいます。
怖い世界です。

  • 2009年02月04日水
  • はらぐれ
  • 編集

三枚目

やはり可愛がられる人の方が人生得するような気がします。
僕もそういう人間になろうとコッソリ頑張っているんですが、なかなか・・・
以前は「近ずくな」オーラが出てたくらいですから^^;
慈悲の瞑想の効果でしょうか?
最近は顔つきが変わったと言われます。
三枚目になりたいんですが、なりきれない自分がいます。

  • 2009年02月05日木
  • tappy
  • 編集

世俗の享楽

この世で味わいたい楽を味わわないよりも味わった方が楽しいでしょう?!!

ならばこの世の楽(世俗の享楽)くらいは味わっても問題無いと思います。。
味わえないでひがんで生きても楽しくは無いでしょう!

僻みの強い人には誰も近づきません。。。
だから一層楽を味わえなくなってしまいます。

その点赤ん坊の可愛さ(素直さ)があれば、他人がくれた享楽だとしても味わえます。
(夫婦間のセ○○スでも奥さんに手伝ってもらってますモンネ)

仕事にしろ遊びにしろ、決行自分以外の他人様(親兄弟子供も含む)のお世話になっています。

その素直な人がこの世の楽を味わえる訳ですが、
釈尊曰く
「世俗の享楽すらも味わえずに、出世間の楽を味わえる訳も無い」
と言っています。

おそらくスッタ ニパータのどこかです。
まぁ~素直になる事です。
でも簡単ですよ。素直って・・・・・・
認めれば良いだけです。
自分で自分の駄目な処を既に認めていれば、他人様にそこを指摘されても
「ハイ!そーです。だから何ですか?」
って事になってしまいます。

ハッキリと認めていないと素直さが欠けて『開き直り』となってしまいますので要注意です。

「嫌」と思いながら認めるか?
「楽」と思いながら認めるか?の違いなだけです。
しかし意外とこれが難しい。。。。
しっかりとサティーをすれば見つけられます。
自分の駄目な処。。。でも駄目な処を自分で見つけますから、慣れないと落ち込んでしまいます。
慣れると笑いながら
『俺ってそーだったのーーーーー!!!!』
って事になりますね。

では笑いながら落ち込んでください。
頑張って・・・・・・継続は力也・・・・デス。。。。

  • 2009年02月05日木
  • はらぐれ
  • 編集

難しいけど

継続は力也・・・
頑張ってみます。
素直に自分の欠点を認めて楽に生きたいですね。
これから死ぬまで人間関係は続くことですから。

  • 2009年02月07日土
  • tappy
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら