忍者ブログ

Ride On 波でもOK スノボもOK バイクであればなおOK エンジンなくてもOK 乗る物ならば何でもOK
04 2017/05 1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31 06
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[05/30 じゅんぺ]
[04/19 株)中政]
[04/16 じゅんぺ]
[04/15 ニッシー]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 中政]
[02/28 若杉]
[02/28 ニッシー]
[02/28 Z1しゅう]
[01/16 コウタキムラ]
[12/26 じゅんぺメカ局長]

北海道熊情報

北海道では相変わらず熊が出没しているらしい。
今日メールをもらいました。
日曜日の深夜24時までに東北道に入れば、翌日月曜日に青森着ででも1000円らしい。。。
あくまでもETC搭載車に限りではあるけれど・・・・
川口~青森片道13500円
往復27000円

それが往復2000円になるから差額が25000円

ETCの取り付け値段が25000円

ETCを搭載しただけで25000円が浮くんだから、その安くなった分の差額25000円でETCを付けられるではあ~りませんか?!!!

ってー情報を調布の熊さんから頂きました。
来週の火曜日に付けてきます。
予約とってあるから・・・・・ でも付けるべきバイクがまだ長野だす。

  • 2009年07月03日金
  • まんま勇人
  • 編集

オイラのマスィンは間に合うのか???

山の介号もそろそろ今日明日中には組み上がりそうな感じです。
細かいセッティングにこれから入ります。
大まかなセッティングを出しておけば、それこそ超細かい事は北海道を走りながらでもできますから、もう北海道ツーリングの準備は出来たようなものです。

山の介号の部品を全部組み込んで、ガレージにある山の介号の部品が全て消えたら、次はカズオ号のロングツーリング仕様への改造が始まります。

まだエンジンが唸らなかった中華猿をエンジンが掛かる処までで、その段階で長野まで走っていきました。

帰りは長野からGBサイドカーに積み込んで帰ってきて、そのまま駐車場に放置されたままでした。

長野までのツーリングで電装系がシートに座ると点かなくなりました。
おそらくシートのどこかで電線を噛んでいるかリークしている模様。。。。
まずはウィンカーやブレーキランプが点灯するように再度ばらして組み替えます。

それが終了したら最大の関門です。
とにかく尻が痛かった。。。
たったの100キロ地点で尻が我慢出来ない程痛くなりました。

北海道ででは3000キロほどは走ると思います。100キロで痛くなるようでは3000キロは無理です。
尻を強化するかシートを化工しないといけません。。。
先日山の介のタンクが塗装から帰ってきたときに、ピンクのプチプチに包まれて帰ってきました。
それを見て閃いたんです。

去年のTLRサイドカーを使った5500キロの旅ででも尻が痛いのでは無く、壊れた!と表現した方が正しいくらいに痛かったんです。

ナップスで超高級ツーリング座布団を購入して付けていったんですが、そんな物はなんの役にも立たなかった如くに痛かったんです。

若い頃よりも体重が増えましたから、その分尻に掛かる重さも増えました。にしても痛かった。。。。
そんな思いをカズオ君にはしてもらいたくありません。
特性シートを作って出かけようとおもいます。

超低反発素材が良いのか。
柔らか過ぎても痛くなるような気がします。
では高反発素材が良いのか?
どちらが長距離ライディングに適しているのかサッパリわかりません。

そこで超低反発素材の座布団を2枚折りたたんで造ったシートと高反発素材で作ったシートとピンクのプチプチで作ったシートと三枚持参して取っ替え引っ換え試してみたいとおもいます。

オイラの推測では、案外と何枚か重ねたプチプチが行けそうな気がするんです。
何枚か重なったビニールは高反発となり、その高反発の隙間に空気の入ったプチプチがエアークッションの代わりをしてくれるのではなかろうか???と推測している訳です。

結果をお楽しみに。。。。

  • 2009年07月05日日
  • まんま勇人
  • 編集

高速料金

実際には、川口から青森まで、1000円ではないと思います。川口から佐野あたりまで別料金が発生して、1700円ぐらいになると思います。もちろん首都高を通れば、その分加算されるし。

Re:高速料金
15000えんあっ!!!なるほど!!!
納得しました。
昨日無事ETCを山の介号に装着いたしました。
ぎりぎり御国からの援助を15000円うけられまして、自己負担は取り付け代金とかステー代とか入れて15000円弱でした。

見過ごした700円×往復もあれば、取り付け工賃+ステー代金もあれば、国からの援助金もあったりして、まとめて1万円弱のお得感がありました。

昨日は上田へTLRサイドカーの引き取りと打ち合わせを兼ねて行ってまいりました。
GBサイドカーの本車バイク側は恐ろしいほどの変化を遂げておりました。
もうノスタルジックなシングルでは無くなってしまいました。
GBって名が付くほどですから、イギリスをイメージさせたバイクだと思っていたんですが、今や完全日本車です。

足回りはヤマハSRのキャストホィールを前後装着。。
ブレーキはフロントにダブルのローターとブレンボのキャリパーを装着。
リアはドラムのままですが、アファームのアルミスプロケット45T。。SRはチェーンが530がノーマルですが、TLR&GB共通の520に変更。。。

当然アールズフォークのままで、更にキャリパーステーは1リッターバイク用に変更。。。

小さい割りにゴツゴツした感じです。
2009/07/08 10:08
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら