忍者ブログ

Ride On 波でもOK スノボもOK バイクであればなおOK エンジンなくてもOK 乗る物ならば何でもOK
06 2017/07 12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31 08
RECENT ENTRY RECENT COMMENT
[05/30 じゅんぺ]
[04/19 株)中政]
[04/16 じゅんぺ]
[04/15 ニッシー]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 じゅんぺ]
[03/27 中政]
[02/28 若杉]
[02/28 ニッシー]
[02/28 Z1しゅう]
[01/16 コウタキムラ]
[12/26 じゅんぺメカ局長]

結果報告

メインジェットの番手もまぁ~まぁ~で特に温かくなればそのままで十分ではなかろうか?っとセッティングでした。
オイルが廻っていないのではないか?って心配をしていたんですが、エンジンもばらさずにオイルが廻っていると確認できました。ではエンジンが焼けた匂いは何だったんでしょう?
その追求もしてみました。
20年も前に製造されたバイクが3500キロしか走っていません。
その為ガソリンタンク内には結露した水分がガソリンタンクの底に溜まり、腐食が始まり塗装の皮1枚で持っていたのに運んだ時の振動でタンクに穴があきガソリン駄々漏れになっていました。
ガソリンタンクは1品物のFRP製に造りなおし、無事終了。。。
そこで走り始めた訳です。
恐らくシリンダー内にも結露が発生し、シリンダー及びピストンにも錆が発生していたのではないでしょうか?
走ってピストンが上下したことで、その錆が剥離されて燃えて金属が焼けた匂いがしたのではないだろうか?と今の処は結論付けています。
もしも間違っていればまた別の問題が発生して今の結論が間違っていた!って事が解ります。
自分達に都合の良い結論に達するのが俺達の良い処であり、大失敗の元でもあります。
請うご期待です。

  • 2010年03月22日月
  • はらぐれ
  • 編集

ほっと一息f^_^;

今回は、エンジンの焼き付きは、免れたようでございます!

とにかく、人、物に感謝しております(・ω・)/

1月から続いていた様々な問題も 一息ついたのかな?

乗れる状態まできました。…完璧な状態などあるわけもなく常に 何かしながら乗っていくことでしょう。

おかげで、怠け者の僕も 少しずつですが、バイクのこと勉強させられてます。

  • 2010年03月24日水
  • 倉や 今井
  • 編集
URL
FONT COLOR
COMMENT
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
PASS

TRACK BACK

トラックバックURLはこちら